自分に投資すれば成功すると言うけどさ

時々、意識高い系のtweetが皆さんのTLに流れてきませんか?

成功する人と、いつまでも貧乏な人の違い


成功する人は自分に投資している(๑•̀ㅁ•́๑)✧キリッ

なんてね

へー、自分に投資すれば成功するんだー

ではいきなりですが、私がいままで自分に投資してきたもので無駄だったものを挙げてみましょう。

1、美大


アゥッ(いきなり痛い)

無駄ではない!無駄ではないんだけど、出費がイタかった!

そもそも私は絵や漫画で仕事をしたことが無く、
かかった学費の分を自らの絵で稼ぐという行為をしておらず
投資分を全く回収していません。
私は漫画の連載に向けて長編の構想を練る事に全エネルギーを費やし、
それを直ぐに始められると信じていたので
連載を得るまで派遣やバイトで食いつなげばいいや
と思っていたのです。

しかしその漫画が全くお金になっていない現在
無駄と結論付けるのは早いですが
奨学金の返済がただ負担になっている状態です。
(これも、投稿や持ち込みで大手ばかり狙う上に、自らの作品の仕上げが遅い自分も悪いのですが)

ちなみに月々の返済金額は約17800円くらい。
これがあと10年以上続きます。


2、音声入力ソフト


これも漫画関連だ!
2005.6年頃?2007年頃か覚えていませんが
Amivoice(アミボイス)という音声入力ソフトを買いました。
当時、休まずに紙にネームを描きまくりバイトで頑張り過ぎて腱鞘炎になってしまった私は
声で文字を入力しようと、何万もする(2.3万くらいした???)ソフトを買ってしまいました。
インカムとヘッドセットがついてて、音声入力で脚本が書けるのです。



こんなものを・・・何万もするものを・・・
自分への投資を惜しまない意識の高さ、素晴らしい!

しかし数年後、iPhoneなどに軽々と音声入力が搭載され、技術の進歩とともにほぼ無料で使えるようになり
私の投資は無駄となりましたw

作画環境をデジタルにしてからあまり腱鞘炎にはなっていません。
ペンタブは表面がツルツルですし、
紙に引っかかるのが手の腱に良くないんでしょうね


3、アナログトレース台


また漫画関連だ!
原稿用紙の裏から光を当てて、トレースするための道具。。。
今思えば、あれはナニをトレースするためにあるんだっけ???
デジタル環境を手に入れてからは全く用途すらわからない道具となりました。

フフフ・・・
わざわざ当時そこそこ高くても良いものを選んで(自分への投資ですよ)いるにも関わらず
役に立ってないようです。

そうだ
書いてて思いついたけど、
ヤフオクに売ればいいんだ!
よし、売ろう(`ロ´)





逆に投資して良かったと思うもの


中高生の時に買ってしまった着方のわからない服


当時買ったら流行が廃れてしまって
折角の良いものなのに
使わなくなってしまったものが
大人になったら流行など気にしなくなって構わず身につけてみると、ちゃんと着こなせてて
えー、自分こんな良いもの持ってたんだ!
あ、しかもこれ、一生自分の財産なんだ!」って嬉しくなった時ですね。


でも、沢山買ってみて失敗だった服もあるし
選択の間違い、失敗は必ず出てくるものです( ゚ω゚)
必要悪。

人が良いと言っていたからといって、「自分にとっても良いか?」、というとそうでもない。

この選択が成功か失敗かは自分で経験しないとわからないのですから。

数年後にはこんな事を言ってるかもしれません


鴎十

0 件のコメント:

コメントを投稿

tumblr

複眼画像RSS Powered by 複眼RSS