腱鞘炎と仕事【何故いままでイラスト・絵を副業にしてこなかったのか】


何故今までイラストを副業にしてこなかったのか



漫画が大本命な私が、副業をイラストレーターにしようとせず、
「派遣」を選んだのは、当時苦しめられた腱鞘炎があったからでした。
  
これは何なのか調べると、「噂の腱鞘炎というもの」っぽいということがわかりました。


腱鞘炎とは


当時私が参考にしたのは、ブログです。
検索で調べてみると、腱鞘炎というものは酷くなると重症化する危険を孕んでいることが判明。

原因は、手の腱鞘を行ったり来たりすることによって炎症を起こ
痛みを感じるので、筋肉痛とは違うものです。



ブログなどを見て回って、重症化してしまった人に多いのは、
頑張り屋さんで痛みを我慢しがちな人。
女性、(ホルモンの関係で腱鞘炎になりやすい
(ニートだけど一日中ゲームをつづけていたら腱鞘炎になってしまったという人も居ます)

「湿布」の治療はたまにはいいけど、痛みを取るだけで根本的解決にならない、
休ませるしか治癒の方法はない という知識を仕入れました。

痛くなるという事は、身体にダメージがあるから、休もうとするのは当たり前のことなんです。
でも、漫画家志望者は無理をしなければ、早く結果を出さなければプロになれないという風潮がありました。

焦りますよね。休んでなんか居られないと思う。


だから、仕事(バイト)は手を使わない仕事にして、休日に漫画を書く

こうしようと思いました。

実際、その後何年間 滅多に腱鞘炎にはなることはありませんでした。


漫画を描かない間は手を使わなければ良いのです。
腱鞘炎になった当時は、大学生特有のバリ意識高い系を引きずってて
「アルバイトも超絶本気でやらなきゃいけない!」みたいな勘違いをしていたので
向いてない小包仕分けとかキーボードの打鍵とかを高速打ちしたり・・・
アルバイトが手作業がんばっても評価されるわけないのにね^^

だんだん無意味だとわかり、右手を温存する方法を覚えました👋。

痛い間はご飯も左手で食べたり、他の事をするのに左手にやらせて
意識して右手を使わないようにしたり、はしています。
(お箸を聞き手じゃないほうで使うのは訓練すれば簡単に出来ますが、
絵を左手で描くのは訓練しても無理でした)

フリック入力左寄せにして、左手打ちは当然。スマホは常に左手持ちです。





















アナログで原稿描いてる時は、たまに頑張りすぎると手の痛みを感じることがありましたが
デジタル作画にしてからは、ペンタブに引っかかりがないので、
手の疲労度が少なく、腱鞘炎に殆どなった事がありません。
(痛くなったら遠慮せず薬温膏など貼って過ごしていたらいつの間にか治ってたというパターンになりました)

アナログ画材で一発で線を引こうと意気込んだら
そりゃ手に力も入るし、心理的負担で痛みも感じやすくなるものです。




 そして、大きいのはClipSTUDIOのブラシの存在。
あとテクスチャですね。
クリスタブラシ
コレがあるお陰で手の負担が大幅に軽減できます。

一生懸命手を動かさなくてもそれなりの絵を描くことが出来る
技術の発達によって、腱鞘炎になりにくい作画環境になりました。
adobeさんとClipさんには感謝しかありません。
アナログ環境しかなかったら 絵も漫画も描くの辞めざるをえませんでしたから。


















とはいえ、大友克洋神のような線の多い絵は永遠に憧れであります。

腱鞘炎対策に買った物



当時腱鞘炎対策に、手の負担の少なくて済む筆記用具をいろいろ探してまわりました。
ペンを持ちやすくするプニュグリップは必需品でした。


シャーペンからつけペン、bambooのペンにまで何でもつけていました。
安いしおすすめです。



シャーペンは本当にいろんなものを試しました。
エルゴノミクスシャーペン


















当時買ったエルゴノミクスの奇妙なシャーペン。


Amazonで残り1個w廃盤稀少品になってますねw
これ、重いです。
ずっしりしてて人によっては安定するのかもしれませんが

ドクターグリップも高校生の頃から愛用してましたが
沢山絵を描くのには向かなかったです。
重いのは単純に疲れやすくなるからダメ。

もう一つ持ってたスゴイの



既に廃盤です。

ウイングで掌を支えるんですけど、絵を描く分にはいまいちですよね。
絵を描く時って、方向、角度をいろいろ買える必要があるので。


芯は柔らかい方がいいとわかりました。
紙に引っかからないほうがいいのですから。
そうなると、芯は太いほうがいいと。
太いほうが滑らかに紙の上を滑ってくれます。

ってことで偶然出会った運命のシャーペンがこれ

SAKURA NOCKS


腱鞘炎に優しいシャーペン、サクラノックス

何故ボロボロかって?
朝起きたら犬に噛まれてボロボロになっていた

このシャープペンシル、FOAMの消しゴムのオマケで付いてきたもの。
何本もシャーペンを変えてきて満足しなかったのに、
消しゴムのオマケで付いてきたシャーペンが一番良かったなんて。
何がすばらしいかって、軽い。物凄く軽い、なのに芯は太い
マークシート用だから。
http://www.craypas.com/products/lineup/detail/254.php
これですよ・・・



これ、ほとんど売ってない。
たまたま一回文房具屋で見かけただけで、それ以降全く見ない。
Amazonにも無い

https://store.shopping.yahoo.co.jp/akatsuka-bs/20170418003.html?sc_i=shp_pc_catelist_itemlist_shsrg_title

ここくらいですか?

https://store.shopping.yahoo.co.jp/akatsuka-bs/20170418004.html
消しゴム目当てでまさかの出会い
(画像お借りします↓)
腱鞘炎に優しいシャーペンSAKURANOCKS











人間工学を駆使して開発された本気のシャーペン達に
FOAMのおまけが勝ったって・・・???



そんなこともあるかもしれません。実際、開発してる方々は腱鞘炎ではないのですからね。

というわけで、「SAKURA NOCKS0.7に柔らかい芯」が私にとってのベスト
しかし、良いものは必ず評価されるというわけではないんだっていう
例を見た気がします。Amazonにすら無いなんて。

まず腱鞘炎の方がこれに辿りつかないと思うんですよね。
もう廃盤で在庫がはけたらこの世から消えてしまう商品なのかもしれません。

SAKURAさんに届けー(^O^)/🌸

鴎十

0 件のコメント:

コメントを投稿

tumblr

複眼画像RSS Powered by 複眼RSS