#polca で支援を募ってみた結果wwww

polcaという友達間の投げ銭サービスが出来たらしい!





あの有名な家入一真さんのCAMPFIREが作った、クラウドファンディングがもっと手軽に出来るアプリ polca

「友達にiPad買ってやりたいから支援してください」とか

「焼肉を食べたいので支援してください」

などの理由で企画を作り 支援を募れるサービス。

支援を受ける側も、支援されたお礼を設定することが出来ます。


出来たばかりの時に話題になっていたので

その日に早速登録し、企画を作ってみました。


パソコンの調子が悪いのでPC購入代金を支援してください。
























PC購入代金10万円(実際は13万円くらいする)
をクラウドファンディングで集めよう!

ということで、

支援を集めるためにバッジのような画像を作り、

支援してくれた人にそれぞれアカウント・名前入りの画像を渡し
それが将来発行する単行本との引換券になる!
という感じにしようと思った。

金額は1口400円

そして#polca タグをつけてtwitterで投稿!




しかしそのあと私は一度もそのtweetをRetweetしませんでした。

よく考えたらめっちゃ手間になる上、発送の金額を入れたら赤字

少年誌ではないので単行本は400円どころじゃない上に送料も合わせると
かなりの赤字。
沢山支援を受けたらそれだけ面倒なことになります。
ここまでは私側のデメリットなのですが、

支援する側もメリットがよくわからないという欠点もあり
●まだ連載をしてないので単行本が出る予定が無い
●当時このサイトも作ったばかりでカスタマイズ中
漫画も掲載しておらずどのような作品なのかわかりません。
どんな漫画かわからない 単行本をいつか無料で送るよ

という企画でした。

#polcaタグを見ていると、「焼肉をたべたい(お礼:圧倒的感謝)」だけで支援を
募っているだけの企画もあるし
クリエイターは支援を受けやすい
とあったので、もしかして?という期待も

そのまま1ヶ月放置すると、スマホに「企画が終了しました」通知が来ました。

開封した結果・・・







0円!






















しかも、閲覧した人も2名しか居ませんでしたw

投稿したのがかなり深夜だったのもあるかと思いますが


かなり素人っぽい人でも「なんと一日で7500円集まりました!」
みたいなことを言っているので
そんなに貧しい人に支援したい資産家さんが集まっているのかな?と思ってたのですが
全くそんなことはなく



ホームページに投げ銭システムを設置するユグドアというサービス


http://www.yggdore.com/

ホームページに送金窓口を作るサービスとしてYggDoreがあります。
設置したことがありますが、ユグドアさんのテスト送金のみで
全く支援はありませんでした。1年以上設置していた気がしますね。

ホームページに無料コンテンツを公開し続けたら
果たして支援は集まるのかな?




!!!!???
今アカウントを見てたら初めて気づきました。
私は全くエゴサをしないのですw
当時気づかなくて申し訳ございません! 🙏

ユグドアというサービス、これ自体の知名度が低いのでなかなか支援を受ける事が
難しいと思うんですよね。

支援を受けるためにはどうすればいいのか?


投げ銭をすることでコンテンツを見続けられるというサイクルを作る

コンテンツを配信しているほうも生活がかかっていますから、
支援すればそれを見続けられる、となったら
支援をするメリットがありますよね。
しかし提供する側としたら実際無料でコンテンツを配信するというのは不安ですし
頑張って無料で提供し続けても、ユーザーにはそれが当たり前だと思われたり
パクられたり転載されたりして、苦労が水の泡となって終わるんじゃないかという不安があります。

twitterにレベルの高い絵を投稿し続けて、転載されたり
無料で流し見されるだけで

まったく仕事が来なかったらどうしよう?

という気持ちが
そこに注力できなくさせます。

キャラ絵、風景、背景、どれかに力を注げば
その道のプロが発表している作品とそん色ないものが描けると思います。
が、どれに注げば効率がいいのか?がわかりません。

私は今1日の大半を商業誌への投稿作品のネームに費やしていますので
それを公開することはできないわけです。

他に別のことをする時間をとり、それで収入を得なければなりません。


PatreonとENTYとFantiaという存在


最近は「patreon」 「ENTY」 「Fantia」というサービスが出来まして
イラストを配信し、無料でも閲覧できるコンテンツと
月額会員サービス向けの人にしか見れないコンテンツを配信し
パトロンを募り、絵を描くことで収入にするということが出来るのです。

最近Pixivにいた絵師さん達がなにやらそちらに移っているなと思ったら
そういう理由だったんですね!
とても画期的なサービスだと思います。
ファンが沢山ついているのは18禁絵師さんが多いですね😅


Pixivのせいで絵は無料でバラ撒けよという風潮が出来てしまった


いろいろ調べてまとめサイトの記事などを見ていたら
Pixivに居た絵師が有料コンテンツのENTYに移っちゃったから
戻ってこないかな
乞食絵師がみたいなコメントがありました。

彼らが楽しんできた絵は何時間かけて描かれたものなんでしょう?
良いものは何時間もかけて描かれているわけですよ。
バイトの最低時給は1000円ですよね?(→すまん、956円だったわ・・・)

別に贅沢したり遊んで回りたいために有料サービスにしているわけじゃないと思いますよ。
お金があって生活に余裕ができれば、もっと絵に時間が使えますよ。
生活が出来なくなったら絵も描けません。

鴎十

0 件のコメント:

コメントを投稿

tumblr

複眼画像RSS Powered by 複眼RSS