貴方は何を作るか?何を表現したいのか?【美大で学んだこと】

いつかやるではなく、今やれ


貴方は何を作りたいの?
と当時教授に来ていらしていた先生が仰いました。

私は当時、現役で美大に入ったにも関らず、
画力に自信がなく、
何をやってもサマにならないと感じていました。

実際、周りは浪人生が多かったのかもしれませんが、
入学した以上、大学に居られる期間は決まっていますので、
真っ向勝負するしかないのです。

まあそうやって上手い下手に拘っている時点で底が浅いのが知れています。
作りたいものなんて何もなく、
ただ人より絵が得意だったから美術系高校を推薦で受かり、
そこから何となく美大を目指す流れになり、
死ぬ気で頑張ったら現役で受かってしまったのです。

作りたいものなんて、何も無い。
表現したいものなんて、何も無い。

いや、あったかもしれません
無いなんてありえないんです。自分で認めていなかったのです。

私はそれを未熟なまま晒して人から陳腐と思われる事を恐れていました。

趣味でノートに何十冊も描いてた漫画も商用として通用すると思っていませんし
将来自分がどうなるかなんて、
寧ろ大学時代に見つけなきゃいけないんだ、と思っていました。
例えば画力が無かったら、
表現したいものがあっても、ちゃんと人に伝わらず、感動させることも出来ず、
プロとして通用しないんじゃないかと。

だから習作を重ねたり、
色んな人の絵を見て研究して、ひたすら迷っていました。
迷うことは悪いことではないんです。
迷うのは当たり前なんです。



ゼノギアス冒頭の油絵を描くフェイ



しかし、
画力に自信がなく、大学時代の貴重な時間を使って写真を模写していた私に呆れて
教授達は言いました。

こんな事をやっても意味がない
何を表現したいの

画力なんて美大受験に受かる程度なんだから、
あんまり酷い人はいない訳です。

下手でも構わないから、から表現しなさい。

自分が考えて描くことに意味があって
芸術に上手い下手はそこまで重要ではない。
伝えたい事を伝えられればいい。

例えば、絵にはテーマがあるわけです。
動物の悲しみをテーマにした絵とか、
人間の寂しさをテーマにした絵とか

その絵を描く元になった感情、絵になる前の
感情エネルギー
それを画面を通して目にした人に伝える事
そちらのほうが、大事であると。

漫画でいえば、ネームというより、
紙に出てくる前の脳内映画のようなものでしょうか?

テクニックも大事です
が、テクニックは何を伝えたいかが伝わる程度の画力があればそれで良い。

そう考えた私は、連載したい漫画の中身を
「脳内映画」を作り始めました。



十鴎SOOU

0 件のコメント:

コメントを投稿

tumblr

複眼画像RSS Powered by 複眼RSS