クリエイターは英語が出来た方がいいか、それともAI翻訳の発達を待ったほうがいいか?

アジア圏でも英語は共通語!


Produce48という番組を見たことがきっかけで、
KPOPコンテンツや、そのファンのアジア人達のコメントを見るために
異国語でのコミュニケーションに興味が沸き、韓国語やタイ語を勉強しようかと思ったのですが、
一つの言語をマスターするのは生半可な努力じゃ難しいです。

それなら、義務教育である程度基礎を習得した
英語を伸ばしたほうが効率がいいのではと思いました。

英語は共通語のため第二言語として学ぶ人が多く
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、など
英語が出来れば世界の20%の人と意思疎通が出来るようになります。

日本語だけだと1億人、それも日本の中でしか通じませんが
英語ができれば10〜15億の人と意思疎通可能!

話すではなく、意思疎通と書いたのは、
難しいリスニングが出来なくても
インターネット上のコミュニケーション(読み書き)ができれば
クリエイターとして私が求める範囲はクリアできるからです。
アジアでも、共用語として第二言語に英語を習得しているようで

以前韓国人と中国人がtwitterの自動翻訳でもうまく言葉が通じない時、
英語を使って話しているのを見たときは驚きました。
英語 会話 中国 韓国


アジア人達が隣の国の言葉が通じなくて 遠くのイギリスの言語で喋るってのも
面白いですがw

私もクリエイターとして、英語ができれば、仕事の幅が広がるし、
作品を英語翻訳すれば世界の人に、今までの15倍の人に読んでもらえる可能性が広がる
と考えると物凄いメリットに感じて来ました。

実際、外国の人向けに 自分でレベルの低い英語で翻訳して、漫画作品を発表しても、
細かい表現のニュアンス等が
英語を第一言語として使っている人にとっては
不自然に見えてしまうのではないかとは思っています。
本当に高いクオリティで英語圏に作品を提供したかったら
専用の翻訳者に頼んだほうがいいのかもしれません。

一日5分で出来る英語学習アプリがあるのでやってみた




無料で英語学習が出来る「Duolingo」というアプリを発見したので、一日5分のレッスンで
どれくらいの効果があるんだろうと初めてみました。
iTunes、Google Playで無料でDLできます。



duolingo 30日















30日続けてみたわけですが、
毎日たった5分でレッスンが終わり、好きな時間に出来るので
負担無く、英語学習が出来ます。

このアプリは学校である程度文法を習って、基礎がある大人にオススメ。

私は小学生の時から英語塾に通っていたにも関わらず、
文法が苦手でどんどん回りに抜かれていったくらい
英語文法が苦手で・・・😓
Duolingoを1ヶ月続けたくらいですと、まだ中学生か高校1年くらいで習う英語のレベルなので楽勝で解けてます 
が、
レベルが上がってくると
間違えてHPが無くなって
レッスン中に頓挫したりするんだろうか?

AIによる自動翻訳がどのくらい発達するか




最近のTwitter は自動翻訳がついていますので、
自分の使っている言語以外のtweetだと、翻訳ボタンが出てきて
どの言葉でも、私達が使っている言語、日本語に訳してくれます。
これ凄く便利ですよね。

今後 自動翻訳AIの精度が上がると言われています。


上記リンクより引用
現在では、コンピューターを使った翻訳や音声認識技術のおかげで、自分の言葉や相手が言っていることを瞬時に、それぞれの言語に移し変えることができる。
したがって英語が世界で最もグローバルな言語でいられるのは、もうそう長くないかもしれない。特に大げさに言えば、コンピューターの来襲だ。勝ち目はコンピューターにある。
私は英語でこの文章を書いたが、あなたが使っているコンピューターを何度かクリック、あるいはタブレットを何度かタップすれば、ドイツ語や日本語で読むのも簡単だ。コンピューターが難しい仕事をしてくれるのなら、なぜわざわざ英語を勉強するのか。
現時点では、国際的にビジネスをしたい、最新のビデオゲームをしたい、あるいは最新のポップ音楽を聴きたいなら、英語を全く理解できないと難しいだろう。しかし状況は急速に変化しつつある。
米カリフォルニア州のスタンフォード大学でコンピューター科学を研究するウォンキュム・リー氏は、機械翻訳と音声認識技術の開発にかかわっている。顧客センターに電話をした人には、オペレーターが人間なのかコンピューターなのか区別できない、それほど進歩した技術の開発に取り組んでいる。
同大学で機械学習や言語学、コンピューター科学を教えるクリストファー・マニング教授は、機械翻訳技術が非常に近い将来、人間と同程度あるいはそれ以上まで向上するのは間違いないと主張する。

近いうちにAIの発達によって、それぞれの言語に容易に翻訳されるようになる
というのです。
なので、私が今から半端な英語学習をしても、無駄な投資になってしまうかもしれません。
英語を通すより、それぞれの言語から母国語に翻訳されるのが一番お手軽ですから

急ぎでないなら、翻訳AIの発達を待つという選択もアリということです。

SNS翻訳機能が発達すれば、遠く離れた外国の人も隣人のように
身近に感じられるようになるでしょうね。




クリエイター 翻訳で検索していたらこんなサイトを発見しました

十鴎SOOU

0 件のコメント:

コメントを投稿

tumblr

複眼画像RSS Powered by 複眼RSS