セルフパブリッシングの時代なので、過去の短編を電子出版してみようと思う!

セルパブとは?自己出版のことだ!


セルフパブリッシング

普通、投稿作や短編って、長編が軌道に乗った漫画家さんだけが
「短編集」として出版されるイメージですよね。

私が初めて買った短編集といえば、藤崎竜先生の短編集です。
最初に連載作品の封神演義を知ってファンになり、短編も読んでみようと。
長編デビュー前の作品が短編集になるって、漫画家の憧れですよね。

大抵の漫画家さんは「未熟な内容で恥ずかしい😂」、とか言うんですけど

私は1度アナログで描いたものを、数年後でデジタルに直したりしたので
ほぼ最新作なので、
人に見せても恥ずかしくない(キリッ

むしろ見せたい!

なので、公開したり、投稿サイトに投稿するという手もあるのですが、

自分では 無料で公開するほど 軽い気持ちで描いていないんです。

少年ジャンプに載せてもおかしくない気持ちで描いてますよ、ええ。
ジャンプ系は一度も投稿も持ち込みもした事無いですけどね

どの雑誌に載せても恥ずかしくないと思ってますよ。

なので、Kindleで出版してみようと思います。
大抵は無名の作品は殆ど売れないですが、Kindle Unlimited
読み放題かつ読まれただけ報酬が獲得できるサービスが魅力的で

電子書籍なら単話ごとに販売できるというのも良いですよね。

昔 漫画onWebに居た時代に
短編の宣伝のためにWixでランディングページを作って
誘導しようなどと考えて サイトを作ったのですが
ランディングページ構想
当時作ってたランディングページの構想
Forget the blueのランディングページ壁紙
こうやって、あらすじとか人物紹介とか予告とか自サイトでやって、
漫画onWeb で連載できると思ってたんですよね。
数年ぶりに該当のサイトを見たら、一話ごとに購入することが出来なくなっていましたね。
一話ごとに購入できる方式のほうが良かったのになあ。

とりあえず、昔作ったランディングページをサイトごとまた公開してみました。
Wixのサイトに飛びます。
これをまた仕上げて完成させるぞ~

普通は個人サイトを作っても見られない事が殆どの筈ですが、
セルフパブリッシングで成功しているGene Mapper
作者自らランディングページを作って宣伝し、やがてベストセラーになったとの事。

そもそも、ランディングページをどうやって見てもらったんだろう?という疑問がありますが
(ものすごくSEOに詳しくて大量にアクセス集めたのか・・・?)
ブログやサイトを全部見てみれば謎が解けるのかな?😌



ナルホド・・・勉強になります。



電子出版しようと決意したらこんなtweetがバズって流れてきた




元々セルフパブリッシングで出版されてる方として
数日前にこの方に注目して アカウントをフォローしたのですが





なんだか、迷っていたところに啓示のように
出版社からデビューしなければいけない、と思い込んでた自分を
否定する流れが
次々と目の前に現れてきます。






無名な漫画家はどうする?



この森田崇先生は以前商業誌で連載していたようで
既に固定ファンが居る上での成功例ということですね。

kindle電子書籍で1000万売り上げたという鈴木みそ先生も、以前は商業誌で
活躍されていた漫画家さん。

全く無名から自己出版してある程度の売り上げ確保できてる漫画家はおらんのかいな。

無名新人漫画家が1から個人出版してる成功例を見たいなあ

自分でやってみるしかないって事かなあ。
商業誌でデビューしようとしてたから、twitterやPixivで絵も流さず
作品を公開してこなかったから ファンがいない人はどうする?


1からやるしかないでしょう!


個人作家が連載するにあたってのパトロンサイトの可能性


そもそも、長編の連載をする際に、KDPセレクト(Kindle独占契約)してると、
一巻まるまる出来るまで
公開できないなんてことになりうるぞ・・・
twitterやpixivとかで連載するか?
佐藤秀峰製作所のサイトにお世話になるか、マンガハックperryで連載して
取次ぎで電子書籍を販売してもらって
その頃はKDPセレクト解除するか
うーん、どうする。
それとも何かいい新しいサービスが出来てくるか・・・

と考えたところで
pixivfanboxFantia有料記事で連載するという手法を思いつきました!
Fantiaなら記事ごとの課金可能だけど、FANBOXは過去記事全部見れるシステム
改変してもらわないとダメだなあ

そうなるとどっちにせよKDPセレクトは解除する必要があるな~
マンガオンウェブで連載させてもらえる可能性はどうかな~
あそこなら著作権は奪われないし。
雑誌系なら必ずがあるけど、
パトロンサービスはクリエイター全員が必ずやりたいようにやれるチャンスがあるんですよね。

なのでpixivFANBOXさんはもうちょっと改良をお願いしたいです。
Fantiaの機能を全部そろえて欲しい。
記事の中で無料で見れる部分と、こっから先は有料!っていう部分があって
課金者だけが全部見れる。
あと、記事ごとに課金が発生するように。

あーでも結局それって、漫画家にとっては昔の漫画onWEBが一番機能としては
兼ね備えてたんだよね。

パトロンサービス立ち上げた企業さんには体力があると思うので・・・
個人漫画家の漫画連載に最適な、見開きに出来るようなシステム・・・作って欲しい。
PIXIVのほうが早いか、Fantiaのほうが早いか
機能を追加して 完成させて欲しい。

個人作家が出版社に頼らず連載する
もうすぐそんな時代が来るのでしょう・・・




漫画はKindle インディーズで連載する時代?

パトロンサイトでの連載は集客が大変ですが・・・
kindleインディーズの支援基金をいただきながらの連載が
どれだけ成功するか・・・

インディーズで知名度が上がりファンが増えれば、有料本を出しても購入してもらえる
確率が上がります。

連載初期の無収入の状態を、Amazonさんに負担してもらう感じです。
出版社に代わってそれだけのお金を出せる体力があるのはそりゃあ
Amazonさんしかないわと思いますが、
皆の理想を叶えるAmazonさん凄すぎる・・・。
私も早く長編が連載できるよう頑張ろうと思います!

著者セントラルページも設定しました、1作読んで貰えたらもう1作も
読んでもらえるように。



十鴎SOOU

0 件のコメント:

コメントを投稿

tumblr

複眼画像RSS Powered by 複眼RSS